水ぶくれ治療法まとめ

水ぶくれができる3つの原因とは?水ぶくれの症状を抑える対処法

投稿日:

水ぶくれができる3つの原因とは?水ぶくれの症状を抑える対処法みなさんも、一度は水ぶくれに悩まされたことがあるのではないでしょうか?

できてしまうと、つぶしてよいのか、つぶさない方がよいのかで悩んだりしますよね。

そもそも、水ぶくれができてしまう原因については考えたことあるでしょうか?

ここでは、水ぶくれができる3つの原因と、水ぶくれの症状を抑える対処法についてご紹介していきます。

 

1.水ぶくれができる3つの原因

水ぶくれができる3つの原因とは?水ぶくれの症状を抑える対処法

まずは、そもそも水ぶくれとは何なのかについて解説致しましょう。

水ぶくれは、医学的には水疱(すいほう)と呼ばれる皮膚にできる皮疹の一種です。

スポンサーリンク

薄い膜の中に水が溜まっているのが透けて見えますよね。

この薄い膜は死んでしまった皮膚の表皮で、中の水分は血液中に含まれる血清やフィブリンといった成分です。

皮膚が何らかの損傷を受けたとき、これらの成分は傷を早く治すために皮膚の内側に滲み出てきます。

このとき、損傷を受けて死んでしまった表皮の内側に溜まるのが水ぶくれというわけです。

 

①真皮まで達するやけどによってできる

水ぶくれができる3つの原因とは?水ぶくれの症状を抑える対処法

では、次に本題の原因についてお話しましょう。

できる原因として考えられるのは、まずやけどです。

やけどは、その深さによってⅠ度からⅢ度に分類されます。

その中で、水ぶくれができる段階がⅡ度のやけどの場合です。

スポンサーリンク

これは、表皮だけでなくその下の真皮までやけどが達している状態を言います。

表皮だけであれば、単に赤くなってヒリヒリする程度で済みますが、真皮まで達すると痛みも強くなって治りも遅くなります。

 

②長時間歩いたりして靴擦れになった時にできる

水ぶくれができる3つの原因とは?水ぶくれの症状を抑える対処法

靴擦れは、日常でできる原因としては一番多いかもしれません。

特に新しい靴を履いたときや、履き慣れた靴でも長時間歩いたり走ったりした場合に、靴と足が擦れてそこが損傷となってできるのです。

この場合は、一番よいのは治るまで履き慣れていない靴は履かないことです。

また、新しい靴を履く場合はまず短時間から履き慣らしていくと、靴擦れの予防ができます。

できてしまったらつぶしてもよいですが、慣れていない靴を履き続ければまた同じようにできてしまうので、根本的な解決法とは言えません。

 

③ヘルペスウイルスの感染によってできる

水ぶくれができる3つの原因とは?水ぶくれの症状を抑える対処法

ヘルペスとは、ヘルペスウイルスがおもに唇や性器に感染して起こる感染症です。

この場合、やけどや靴擦れでできる場合とは少し違って、小さな水ぶくれの集まりが唇や性器にできます。

普通、何もしなければ痛くもかゆくもありませんが、ヘルペスの場合は軽い痛みやかゆみを伴うのが特徴です。

無意識に掻いてしまうと、つぶれてそこからさらにウイルスの感染を広げてしまうことがあるので、注意する必要があります。

 

2.水ぶくれができてしまった時の対処法

水ぶくれができる3つの原因とは?水ぶくれの症状を抑える対処法

もし水ぶくれができてしまったら、基本的にはまずむやみに触らないことが一番です。

水ぶくれのおもな対処法を下記に簡単にまとめました。

  • やけどによる水ぶくれの場合はまず流水で患部を冷やし、早めに病院で受診する。
  • 靴擦れによる水ぶくれの場合、市販の絆創膏などで傷口を覆う。
  • ヘルペスが原因の場合、絶対つぶさずに薬を塗る。

水ぶくれは、靴擦れの時など場合によってはつぶしても問題ないのですが、つぶすことは根本的な治療法ではなく、つぶすことで治りが早くなるわけでもありません。

また、原因が思い当たらない場合は、病院へ行って診断してもらうのがよいでしょう。

素人判断は危険です。

たかが水ぶくれと思っていると、実は重大な病気のサインかもしれないのです。

 

3.まとめ

水ぶくれができる3つの原因とは?水ぶくれの症状を抑える対処法

いかがでしたでしょうか?

さまざまな日常のことが原因で起こる水ぶくれですが、思い当たる原因があれば、それを根本的に正すことが治療につながるのです。

大きな病気であることはまれですが、不快な思いをしないためにも、根本的に治療していきましょう。


関連記事

-水ぶくれ治療法まとめ

Copyright© 水ぶくれの正しい治療法・予防法20選【まとめ】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.